本質的な人間理解を
土台にしたコーチングスクール

お問い合せ

ミニセミナー「コーチングセンスの磨き方」&
Art of Coachingコーチング・トレーニング・プログラム説明会のご案内

昨年、アート・オブ・コーチング(AOC)を設立して以来、
当コーチングスクールにたくさんのお問い合わせをいただきました。

その中には、
「本格的に学ぶ前に、何が学べるのか身につくのか知りたい」
「コーチングセンスが大事なのは分かるが、どうやって磨いていくか知りたい」
といった声もありました。

そこで、この度、アート・オブ・コーチングが提供するコーチング・トレーニング・プログラムをご案内する機会を下記の日程でご用意しました。

  • 2017年9月17日(日)14時00分~16時30分 講師:木村純子
  • 2017年9月25日(月)18時45分~21時15分 講師:山崎啓支

※両日とも会場は国際ファッションセンター(東京・両国)です。

お申込はこちら

加えて「ミニセミナー」も合わせて行います。

どんな人物がどのような教え方をするのかを見ていただいた方が、
当コーチングスクールのプログラムを体感してもらいやすいからです。

そのため、AOCのプログラムの中核となる重要なレクチャーを
ミニセミナー(1時間30分程度)という形で実施します。

ミニセミナーでは特に、AOCのプログラムが重視している
「コーチングセンスの磨き方」についてお話しします。

コーチングを上手に実践するためには、
コーチングの手法(Doing)を知ることと、
コーチングセンス(Being=存在力)を磨くことの両方が必要です。

同じようにコーチングを学んでも、現場で活かせる人と活かせない人がいます。

もともとコーチングセンスに恵まれている人は、
学んだコーチングの手法をすぐにでも現場で柔軟に活かせます。

しかし、コーチングセンスが磨かれていない場合は、
「手法を知ってはいるけれど、できない」となりかねません。

このように、現場で柔軟にコーチングの手法を活かせるかどうかは、
コーチングセンスを磨くかどうか、
ひいては、Being(=存在力、あり方)を深め、高めるかどうかにかかっているのです。

ただ、コーチングセンスを磨くことは、「才能」を開花させる方法のように
つかみどころがないもの、よく分からないと思うかもしれません。

そこで、前半の「ミニセミナー」ではコーチングセンスを開花させる秘訣をお伝えします。

その上で、後半の「プログラム説明会」では、
AOCのプログラム(ステージ1からステージ3)が、
どのようにしてコーチングセンスを磨き、
Beingを深め、高めていくのかをわかりやすくお伝えします。

また、AOCのプログラムに関するご質問にお答えする時間も設けます。

「これからコーチングを学んでみたい」
「どこでコーチングを学んだらいいだろうか?」

と考えている初心者の方から、

「さらにコーチングの研鑽を積んでみたい」

と考えている上級者まで、お役に立つ情報を提供します。

ミニセミナー「コーチングセンスの磨き方」&
Art of Coachingコーチング・トレーニング・プログラム説明会
参加概要

日時
  • 9月17日(日)14時00分~16時30分
  • 9月25日(月)18時45分~21時15分

(※ともに15分程度延長の可能性有り)

会場 国際ファッションセンター(東京・両国) MAP
都営地下鉄大江戸線「両国駅」A1出入口より徒歩0分。
JR中央・総武線「両国駅」東口より徒歩約6分。
講師
  • 9月17日 木村純子(AOCトレーナー)
  • 9月25日 山崎啓支(AOCトレーナー)
参加費 2,000円(税込)

お申込はこちら AOCプログラムの詳細はこちらをご覧ください。