本質的な人間理解を
土台にしたコーチングスクール

お問い合せ 申込み
AOCプログラムの詳細

stage1-daichi

ステージ3・Soraは、DaichiとUmiで培ってきた学びを深め、
学びのフィールドを日常生活に転換し、
「自分で自由に羽ばく力を養う」ステージです。

応用力・柔軟性・実践力を高める⾧期間の集中トレーニングで、
コーチ(支援者)として、クライアントの「深い気づきの状態」を
引き出せるようになることを目指します。

目的

  1. ステージ2までに習得したことの実践力を高める
  2. コーチングセンスが開花した状態を自分で作り出せるようになる
  3. コーチングを実践し、主体的に自己研鑽していく基盤を作る

内容

Web 会議システムによる少人数のテレクラス(90 分×12 回)【オンライン】

決まったテキストやコンテンツはなく、参加者の持ち込むリアルな体験談・疑問点・課題意識、相互へ のアドバイスやフィードバックなどが学びの材料となります。参加者一人ひとりの日常での実践とセッショ ンでの発言の質が仲間の学習成果を左右します。

トレーナーによる1:1のメンターコーチング(60 分×9 回)【オンライン】

集合研修の理解を確認したり、クライアントコーチングの進捗について扱ったりしながら、受講生一人 ひとりのテーマを丁寧に扱います。全4回/9回の逆コーチングでは、前半30分を使って受講生がト レーナーに対してコーチングを実践し、後半30分でそのセッションに対するトレーナーからのフィードバッ クを提供しつつメンタリングを行います。

受講生同士3名によるトリオセッション(90 分×6回) 【オンライン】

受講生同士3人組で行うコーチング演習。90分枠で、各々コーチ・クライアント・オブザーバーの役 割を順次交代しながら進めます。大まかな時間管理は【15分のセッション+15分のフィードバック& ディスカッション】を1巡とし、役割を変えて3巡します。

AOC認定コーチによる個人セッション(60 分×6 回) 【オンライン】

AOC認定コーチとともに自分自身のテーマを扱う通常のコーチングセッションです。クライアントとしての 体験を深めることを目的としています。

クライアントを見つけて実施する個人セッション (*合計24 時間以上)

受講生自らクライアントを募集し、実際にコーチング契約を結び、クライアントの変化・変容を支援します。
*継続的な有料クライアント3名(3ヶ月で60分×6回セッション)への支援18時間を含む必要があります。

集合研修(2.5日連続)

ステージ1・2・3で学んだことの全てを統合し、自立したコーチ(支援者)として巣立つ準備をしま す。本質的な人間理解・自分の発する影響力の質と責任を確認しながら、AOC卒業後の自分の 未来をイメージし宣言します。

特徴

  • テレクラス・メンターコーチング・トリオ・AOC認定コーチセッションといった多くのモジュールが受講生の日常に入り込みます。すべてのモジュールの相乗効果により、日常生活そのものが学びのフィールドに転換します。
  • トレーナーは、テレクラスやメンターコーチングの中で、受講生の日常的な体験と集合研修のコンテンツとを紐づけて、受講生の理解が“体験を伴った納得感のある深い理解”になるように支援します。
  • 何度も繰り返しコーチングセッションを行い、自分のコーチングに対して仲間やトレーナーから率直なフィードバックを貰うことで、知識が血肉化し実践力が培われます。
  • オンラインの音声のみによるセッションでは相手の表情がわからないため、対面で行うよりも一層お互いの話をよく聞こうとする集中力と、自分の話を分かりやすく伝えようとする努力を必要とします。
    オンラインでの体験を重ねることで、自然と傾聴力や明快な表現力などのコミュニケーション力が強化され、対面でのセッションが負荷の軽い、自由度の高いものへと変わっていきます。

ステージ3 Soraのお申し込みはこちら