本質的な人間理解を
土台にしたコーチングスクール

お問い合せ 申込み
コーチングの本質

プログラム内容の特徴

シンプルなので初学者が実践しやすいプログラム

プログラムの目的でお伝えしたように、AOCの一連のプログラムはセンスを磨くこと、つまりは「Being (存在)」の強化に力点を置いています。そこで、AOCでは「知識の量」ではなく、「知識の質」を大切にしたトレーニングを行います。

「知識の量」を追及した場合、コーチングの方法を沢山お伝えすることになります。繰り返しになりますが、頭の中にたくさん知識があっても使えなければ意味がありません。そこで、AOCでは厳選した重要な方法を、「ユニークな体験学習(ワーク)」と「多角的なレクチャー」によって、応用がきくように深く理解してもらいます。

「厳選した(数の少ない)スキル」のみをお伝えするため、AOCのコーチングはシンプルです。複雑でないために、初学者にとって実践しやすい(使いやすい)プログラムとなっています。知識を深める方針のため、AOCのセミナーを受講すると「深い」と感じるはずです。

しかし、同時に実践しやすい厳選したスキルだけで構成されているためシンプルだとも感じられるのです。

スキル(技法)を「知る」ことではなく、
「深く理解する」ことを重視したプログラム

コーチングセンスを磨くのに、「スキル(技法)の深い理解」が役立ちます。「スキルの深い理解」とは、「数多くのスキルに共通する本質を理解すること」を意味します。

コーチングの様々なスキルは個々独立したものではなく、有機的に繋がっています。そのため、すべてのスキルをつなぐ本質的な考え方を理解してもらえるようにトレーニングします。

本質的な考え方を理解してもらうためには、各スキルの奥にある原理原則を理解することが役立ちます。各スキルを原理原則に基づいて理解することによって、個々バラバラにコーチングスキルを暗記するのではなく、組織的に(全体的に)理解することができます。

コーチングセンスが高い方の特徴は、スキルを知っているのではなく、深く理解できている(本質が理解できている)点にあります。

Ⅲ AOCプログラム 運営上の特徴