2022年04月15日

【AOCメールマガジン】会話の「入口」と「出口」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*     Art of Coaching      *
*       「人間理解への道」      *
*  2022年3月11日(金)174号

https://www.art-of-coaching.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、木村すみこです。

 

あなたは、コーチングと普通の会話との違いを

どう説明しますか?

色々なアプローチの中で

今日は「入口と出口がある会話」

という観点を意識してみたいと思います。

 

普通の会話は、なんとなく始まって

なんとなく終わります。

 

コーチングは、「会話の入口」で

話したいテーマや

この時間で達成したいゴールを

クライアントが明示して、コーチと共有します。

 

入口を経て中に入ったら

二人はパートナーとして

共有しているゴールに向かって進みます。

 

そして、「会話の出口」で

このセッションから何を得たのか?

クライアントに言語化してもらい

会話のオーナーであるクライアントが

終了を決めます。

 

コーチングを学び始めてから数年間

“7分間コーチング”のトレーニングを

ひたすら繰り返しました。

 

私の恩師である当時のトレーナーは

「5分だと短すぎると言い訳するから

7分あげますよ~。でも、7分で無理なら

60分あっても、一生できないよ~」と

ニコニコ&バッサリ。

 

  • 最初の2~3分程度で

会話の「入り口」を管理する。

 

  • あとは、結果を手放して

リラックスしてクライアントに集中。

じっくり聞く。

 

  • ふと興味がわいたら

質問するも、フィードバックするも、よし。

別に何もしなくてもよい。

 

  • 残り1~2分程度で

「会話の出口」を設けるため

セッションを振り返るように

クライアントに促す。

 

  • 何より一番大切なのは

すべての土台に

相手を大切に思う気持ちがあること。

 

そう教えて頂いて

何度も“7分間コーチング”を練習しました。

 

ただ聞いていただけなのに

出口では、私が予想もしなかったことが

とうとうと語られて愕然としたり。

 

リラックスも集中もどこかにぶっ飛んで

矢継ぎ早に質問し

そういう自分に気づいたころには

時間切れだったり。

 

そして、今でも

「会話の入り口と出口」を

意識してやっている私がいます。

 

 

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

*Art of Coachingの
YouTubeチャンネル公開中!
ぜひご覧ください!

第1弾 https://youtu.be/Yh6ynGzjWB4
第2弾 https://youtu.be/DMp_OpmE8ig
第3弾 https://youtu.be/wVNXBsVs6VE
第4弾 https://youtu.be/KOXeIAeHXHE

よろしければ、チャンネル登録をお願いします。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

発行:株式会社アート・オブ・コーチング

執筆:Art of Coaching 木村 すみこ
編集:Art of Coaching 真辺 詞緒梨

住所 :東京都港区南青山2−2−15
ウィン青山1214号

メールアドレス:info-c@art-of-coaching.jp
公式サイト: https://www.art-of-coaching.jp

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
『Art of Coaching』は、
本質的な人間理解を土台にした
コーチングスクールです。

Copyright(C) 2022  Art of Coaching  Co,Ltd. All Rights Reserved.

■ 本メールを役立てていただけそうなご友人や
知人の方がいらっしゃいましたら
ご自由に転送なさってください。
Art of Coaching のfacebook
https://www.facebook.com/ArtofCoaching.jp/

Art of Coaching のインスタグラム
大地・海・空の写真と共に「問い」を
投げかけます。
https://www.instagram.com/art_of_coaching

記事一覧

AOCメールマガジン ご登録フォーム

AOCメールマガジン
ご登録フォーム

SSL GlobalSign Site Seal

MENU